「京都市左京区の町名」の版間の差分

m
カテゴリ追加等
m (カテゴリ追加等)
「'''大原'''」を冠称する町名は、もとの愛宕郡大原村で、昭和24年(1949年)、左京区に編入された。大原村には大原、小出石、百井、大見、尾越の5つの大字があったが、このうち大字大原は昭和24年、「大原」を冠称する9町に編成され、残余の4大字は大原小出石町、大原百井町、大原大見町、大原尾越町となった。
 
「'''静市'''」を冠称する町名は、もとの愛宕郡静市野村で、昭和24年(1949年)、左京区に編入された。静市野村には静原、市原、野中の3つの大字があったが、これらは「静」を冠称し旧大字名を継承する3町に編成された。
 
「'''鞍馬'''」を冠称する町名は、もとの愛宕郡鞍馬村で、昭和24年(1949年)、左京区に編入された。鞍馬村には鞍馬、二ノ瀬、貴船の3つの大字があったが、うち大字鞍馬は鞍馬本町となり、残余は「鞍馬」を冠称し旧大字名を継承する2町に編成された。
[[Category:左京区]]
[[Category:京都市の歴史]]
[[Category:京都市の地理]]
1,737

回編集