「用語」の版間の差分

m
221.77.40.197 (会話) による版を Dr jimmy による版へ巻き戻し
編集の要約なし
m (221.77.40.197 (会話) による版を Dr jimmy による版へ巻き戻し)
# '''特定の分野で頻繁に使われる語句、[[キーワード]]。[[専門用語]]、[[学術用語]](術語)ともいう。本項目で解説。'''
----
おはD・・・中日ファンの工作
おばD・・・ババアに対してレスする
ブルブルブルブトーザ・・・機嫌が良い時に書き込む
 
こうした用語の中には、その専門分野の人でなくても、大よその意味や使われ方の見当がつくものもあるが、なかには敢えて部外者に分からないようにした用語もあり、それを[[隠語]]という。一種の隠し符牒、暗号になった用語といってもいいだろう。
 
隠語ほどではないにせよ、ある特定分野だけでのみ用いられる用語の使用は、その分野に属する人間同士の連帯感の醸成に役立つ。たとえば初対面の人間との会話で、ある語句を自分と同じ意味で使用する者に対して、親近感を持ったり、あるいはそれによって仲間と認識する。これは顔かたちの似た者(多くの場合は同じ[[人種]]や[[民族]]であること)に対して抱く感情と同種のものである。また、におい(体臭。食事や生活環境によって変化する)の似ている者を味方と感じる(現代人は[[嗅覚]]を重んじていないためさほど顕著ではない)ことと同様であり、それは「自分と同じにおいのする人間」といったように、現代日本において使用する。しかし人種や民族が変更不能なのに対して、その世界独自の用語は、学習することによって修得することができるという相違がある。
 
その世界(業界)独自の用語が成立するには、
#他の分野で使用しないモノ・動作などの名前
#その分野でのみ頻用される語であるために省略する
などが考えられる。
 
敢えて省略したり崩さなくても良いような基本的な語彙を省略語化していることが多々見られるが、これもその世界の中での仲間意識を形成するためにむしろ業界用語が形成されている側面が指摘される。また、部外者に分からなくするために、母語で充分使用可能な語を外来語によって置き換えるなどの方法がとられることもあり、これに対しては一種の選民意識を形成するものだと考えることもできる。
 
== [[辞典]]・[[事典]]・[[字典]] ==
ある特定の分野の用語を集めたものを、'''用語辞典'''(ようごじてん)と呼ぶ。一方、[[ウィキペディア]]は[[百科事典]]である。
 
また、ウィキペディア上に存在する、「''何々''用語の一覧」の項目の一覧は、[[一覧の一覧#用語・略語]]を参照。
 
== 関連項目 ==