「増粘安定剤」の版間の差分

m
 
==増粘多糖類==
食品への表示については、2種類以上の多糖類を増粘の目的で用いた場合に略称として'''増粘多糖類'''(ぞうねんたとうるい)とすることができる(安定剤・ゲル化剤及び糊料として使用される場合は用途の併記が必要。)<ref>{{Cite web
|author=厚生省生活衛生局長
|date={{和暦|1996}}-05-23
|language=日本語
|accessdate={{和暦|2009}}-07-19
}}</ref>(安定剤・ゲル化剤及び糊料として使用される場合は用途の併記が必要)。
}}</ref>。
この表示法に従った結果、多くの食品に[[食品添加物]]として記載されるようになり、増粘安定剤よりも増粘多糖類の方が知名度が高くなり、より通用しやすくなった。増粘多糖類とは、おもに食感やとろみを調整するために使われる粘性の高い多糖類のことである。