「唐津神社」の版間の差分

(情報箱追加のついでの微加筆)
 
==歴史==
社伝によれば、[[三韓征伐]]に際して航海の安全を住吉三神に祈願した[[神功皇后]]が、帰朝の後に報謝のため松浦の海浜に宝鏡を縣けて三神を祀ったのに起源を持ち、[[天平勝宝]]7年([[755年]])に、時の領主であった神田宗次が神夢により海浜に赴くと、漂着してきた宝鏡入りの筺を得たので、神功皇后の捧げた鏡であろうと帝に奏聞したところ、9月29日に「唐津大明神」の称号を賜ったといい、う。[[文治]]2年([[1186年]])、宗次の後裔を称する[[神田広]](実は[[源久]]の5男)が社殿を造立して神田を寄進し、神田宗次の霊を[[合祀]]したという。[[慶長|慶長年中]]に[[寺沢氏]]が[[唐津城]]を築いて入部すると、同7年([[1602年]])(または11年([[1606年]])<ref>『神社名鑑』は7年とし、『神道大辞典』は11年とする。「七」と「土」と字体の相似によるものであろう。</ref>)に当神社を再建、以後[[唐津藩|唐津藩主]]の祈願所と定められ、崇敬を受けた。
 
[[明治]]6年([[1873年]])に[[郷社]]に列し、これを機に現在の「唐津神社」に改称した。それ以前の神社の名前はわからない。[[昭和]]17年([[1942年]])県社に昇格、戦後は[[神社本庁]]に参加する。
 
==主な祭事==
匿名利用者