「エジプトのジュリアス・シーザー」の版間の差分

m
:アキッラが泣いているコルネリアに愛を語るが、コルネリアは再度拒絶する。トロメーオが現れアキッラを下がらせると、彼もコルネリアを口説きにかかる。だがコルネリアは王の求愛を撥ね付け、トロメーオは怒りと欲望を募らせる。コルネリアは自害を試みるが、ニレーノの導きで後宮に入って来たセストに止められる。ニレーノはトロメーオが後宮で無防備の時をねらって殺してしまいなさいと言う。セストは復讐を誓い、後宮のトロメーオの元へと向かう。
;第3場 喜びの庭
:寝室でシーザーはクレオパトラと愛を語らう。そこにクーリオが慌てて駆け込み、エジプト人たちの襲撃を報告する。クレオパトラは自分の正体を明かし、襲撃者たちを鎮めに向かうが暴動を抑えられない。彼女はシーザーたちに逃げ道を教えるが、シーザーは武器を持って戦いに赴く。残されたクレオパトラはシーザーを案じて天に祈る。
;第4場 後宮の一室
:トロメーオが妾に囲まれながら、コルネリアに夜の白衣を与える。セストがトロメーオに襲いかかるが、アキッラが現れ彼の剣を奪い取る。アキッラはシーザーが逃げる途中で海に飛び込み、クレオパトラもローマ軍のもとに逃げていったと報告し、約束の褒美としてコルネリアを望む。しかしトロメーオは約束を拒絶してローマ軍との戦いに向かう。セストは絶望して自殺を試みるが、コルネリアはそれを止め、ローマ軍に加わって戦うようにと諭す。
===第3幕===
;第1場 港に近い森
:トロメーオの態度に怒ったアキッラはクレオパトラに寝返る決心をする。クレオパトラの軍勢がトロメーオの軍勢に敗れ、クレオパトラは捕らえられる。クレオパトラが連行された後、海を泳いできたシーザーが現れる。セストとニレーノが通りがかり、瀕死のアキッラを見つける。アキッラは王に裏切られ死ぬ身であるからと言って、将軍の印をセストに渡し、軍を率いて王に復讐して欲しいと言い残して死ぬ。シーザーは2人の前に現れ、セストの手から印を取ると再度戦いに赴く。セストも希望を取り戻し奮い立つ。
;第2場 クレオパトラの部屋
:兵士に取り囲まれたクレオパトラは死を覚悟している。そこへシーザーが兵を率いて彼女を救いに現れ、クレオパトラは喜ぶ。
456

回編集