「五声」の版間の差分

編集の要約なし
'''五声'''(ごせい)は、[[中国]][[音楽]]で使われる五つの[[音]]。'''五音'''(ごいん)ともいう。
 
'''宮'''(きゅう)、'''商'''(しょう)、 '''角'''(かく)、 '''徴'''(ち)、 '''羽'''(う)の五つ。音の高低によって並べると、[[五音音階]]ができる。西洋古典音楽の[[名]]で大体、宮はド(Do)、商はレ(Re)、角はミ(Mi)、徴はソ(Sol)、羽はラ(La)にあたると説明されることが多い。後に'''変宮'''(宮の低[[半音]])と'''変徴'''(徴の低半音)が加えられ、'''七声'''または'''七音'''となった。変宮と変徴は大体、シと#ファ(fis)に相当する。音の低いものから並べると、宮・商・角・変徴・徴・羽・変宮で、[[七音音階]]を形成する。[[秦]]以降、七声は、宮・商・角・清角(角の高半音の意)・徴・羽・変宮、または宮・商・清角・徴・羽・清羽などでも表された。なお中国伝統音楽にはファに相当する音がない。
 
また、これらの音は、相対[[音高]]があるのみで、絶対音高はない。実際の音楽において、これらの音高は[[十二律]]によって確定される。理論上、各十二律で、五声の各音すべてを確定することが可能で、五声では60宮調、七声では84宮調を得ることができる(宮を主音とする[[調式]]を「宮」、その他の各音を主音とする調式を「調」と呼んだので、84の調式は12宮72調、合わせて84宮調)。ただし、実際の音楽で用いられる調式は限られており、例えば、[[燕楽]]では7宮21調、[[北曲]]では6宮11調、[[南曲]]では5宮8調のみが使われた。
匿名利用者