「中村せん・りつ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎登場作品: Catの微修正)
 
== 概要 ==
[[中村主水([[藤田まこと]]の家族であり、彼と合わせて中村家と呼称されることもある。婿で立場の弱い主水に対して、後述する婿いびりを行うのが恒例のネタとなっており、仕事人シリーズにおいては、基本的に各回の最後は中村家のシーンの[[ストップモーション]]で終わるという構成(つまりオチを担当)になっていた(ただし[[必殺仕事人2009]]ではその役回りは[[東山紀之]]が当主を演じる渡辺家に変更された)。
 
せんの夫である、先代・中村主水に関しては『必殺仕事人』12話で、彼が当代・中村主水と同様に婿養子であり、せん達のムコいびりに耐え切れずに失踪したのではないかと思われる描写があるが、その詳細は不明である。
早くに夫を亡くし、女手ひとつで三人の娘(りつ・たえ〔[[妙心尼]]〕・[[糸井あや|あや]])を育てあげた。彼女らの他に男子が一人いたが早死にしたので、遠縁にあたるという北大路主水をりつの婿に迎えたが、この婿のあまりにも怠惰な生活ぶりに手を焼いている。
 
このだらしない娘婿を、せんが叱責する際にまず言う言葉が「ムコ殿!」(初期のシリーズでは「主水殿」と呼ぶこともあった)であり、この後に、長々と中村家の由緒云々が語られ、(せんから見て)立派な先祖達の言行と主水の失敗が比較され、叱責されるわけである。ただ、一度先祖の[[鎧]]を主水に着用させたことがあったが、明らかに[[足軽]]の物であり下級武士だったことが推測される。
 
せんからすれば、主水に中村家の当主として立派に振舞ってほしいとの思いから行われる叱責であるが(主水が仕事人であることが露見しそうになり、せんとりつを連れて江戸から逃げようと家に帰った折、せんが主水を頼りにしていることを偶然聞いてしまい、逃げるのを止めて戦うことを決意するエピソードも存在する)、このシーンの面白さが、せんがりつと一緒になって行う主水へのムコいびりのシーンとともに視聴者の人気を呼び、必殺シリーズを長寿番組に育て上げる一因となったと言える。
 
しかし、当の菅井が、せんの役柄のイメージが強すぎて、娘の縁談が破談することを恐れ、『[[新・必殺仕置人]]』の[[クランクイン]]を前にして降板を希望するというハプニングも発生した。しかし、製作スタッフが菅井に配慮し、『[[必殺からくり人]]』を延長し、『[[必殺からくり人・血風編]]』を製作してクランクインを遅らせることで対処した。こうして娘の縁談は無事成功したというエピソードが残っている。
<!--同時期に主水役の藤田も、『[[必殺仕置屋稼業]]』、『[[必殺仕業人]]』で主演であるにもかかわらず、本編の[[クレジットタイトル]]では[[トメ]](最後尾)に回されたことに抗議し、さらに[[山崎努]]([[念仏の鉄]]役)との再共演によりまたもやトメに回されてしまうことに業を煮やし、『新・仕置人』はおろか必殺シリーズそのものの降板も辞さぬ構えを見せていた。しかし製作スタッフが降参して主水(および藤田)の名前を先頭(主人公扱い)にすることで、藤田は出演を決定した(シリーズそのものの降板も撤回)。-->
 
== 中村りつ ==
* [[必殺仕事人・激突!]]
* [[必殺仕事人2009]]
 
 
{{必殺シリーズ}}
65,191

回編集