「中村せん・りつ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(全体的な整理)
m
 
== 概要 ==
[[中村主水]]([[藤田まこと]])の家族であり、彼と合わせて中村家と呼称されることもある。婿で立場の弱い主水に対して、婿いびりを行うのが恒例のネタとなっており、仕事人シリーズにおいては、基本的に各回の最後は中村家のシーンの[[ストップモーション]]で終わるという構成(つまりオチを担当)になっていた(ただし『[[必殺仕事人2009]]』ではその役回りは[[東山紀之]]が当主を演じる渡辺家に変更された)。
 
外出も含めて、基本的に2人で行動しており、登場シーンも2人一緒が圧倒的に多い。
 
== 中村家 ==
代々、江戸町奉行所の[[同心]]を勤めてきた家柄である。現当主・[[中村主水]]は娘婿である。先代(せんの夫)の名前も中村主水であるが、当代との直接的な関係性は描写されていない。先々代当主の名も中村主水である。
 
先代・中村主水も婿養子であり、せんとの間にりつ・たえ([[妙心尼]])・あや([[糸井あや]])の娘3人と男子を1人をもうける。そして先代は失踪する(せん達の婿いびりに耐えられなくなったのが原因と思われる描写がある、『必殺仕事人』第12話)。せんはその後、女手一つで子供たちを育てたが、跡取りになる男子が早死にしたため、りつの娘婿として遠縁にあたる北大路主水(現・中村主水)が中村家当主として迎えられた。
せん曰く見合いの席で一目惚れして、北大路主水を婿養子に迎える(見合席で「これ(主水)でもいいか…」と妥協したという台詞もある)。主水の怠惰な性格には、母りつと共にまいっており、一緒に叱責するのが常だがりつとは違い、主水を陰でフォローしている。また、細面で馬面の主水をせんが貶すことがあるが、りつにとっては好みらしい。実際に、主水と二人きりの時には、主水に甘えたりもしている(後述の白木まりの発言も参照)。ただし、主水のへそくりをせしめたり、高価な着物を購入したりしていることもまた事実である。
 
りつを演じた白木は、かつてはお色気女優・白木マリとして知られていたが、この役を演じることで、時代劇女優としてのイメージが定着した。その白木が『[[いつみても波瀾万丈]]』に出演した際、りつの話題になり、その際「りつは中村主水を愛しているが、母親の手前つい厳しくしてしまう」と発言している
 
なお、演じた白木万理は『必殺仕置人』から芸名を変えた(元は「白木マリ」)。これは、芸能界への復帰ということで心機一転を込めて改名した直後にりつ役の話が来たため、たまたまそうなったように見えるだけで、りつ役と改名に直接的な関係は無い。
白木が『[[いつみても波瀾万丈]]』に出演した際、りつの話題になり、その際「りつは中村主水を愛しているが、母親の手前つい厳しくしてしまう」と発言している。
 
なお、演じた白木万理は『必殺仕置人』から芸名を変えた(元は「白木マリ」)。これは、芸能界への復帰ということで心機一転を込めて改名した直後にりつ役の話が来たため、たまたまそうなったように見えるだけで、りつ役と改名に直接的な関係は無い。
 
== 登場作品 ==