「朴葉味噌」の版間の差分

編集の要約なし
 
自家製の[[味噌]]に[[ネギ]]などの[[薬味]]、[[シイタケ|椎茸]]などの[[山菜]]・[[キノコ|茸]]をからめたものを[[ホオノキ|朴]]の[[葉]]に乗せて焼き、[[飯|ご飯]]に乗せて食する。
 
[[火山]]地帯である[[北アルプス]]に端を発する高山地方の水は[[硬度 (水)|硬度]]が高く、[[味噌汁]]には適さないために、味噌汁という[[食文化]]は消滅し、味噌と具を混ぜて温めるという調理法に発展していった。[[小京都]]として[[観光都市]]でもあった高山だが、[[昭和]]の中頃を過ぎたあたりまでは、[[旅館]]の[[朝食]](いわゆる、[[日本]]各地の旅館で供される一般的な形式の朝食)でも味噌汁を供されることはなく、朴葉味噌がその代わりを務めており、これが逆に名物としての価値を高めていた。しかし味噌汁のみならず、[[西洋]]式の[[スープ]]も含めた汁物に慣れてしまった[[日本人]]の[[食生活]]には抗うことができず、また[[浄水器]]の発達によって[[硬水]]を克服することが容易となったため、現在では高山地方のどの旅館でも、朝食には朴葉味噌の他に味噌汁が付く。
 
近年では、[[観光]]業を中心に[[地方]]色を出した客をもてなす[[料理]]としての進化が進み、朴葉味噌の上に[[野菜]]や[[食肉|肉]]を乗せて焼く形式で供される事もある。この場合はご飯の供としてではく、一品料理となる。
匿名利用者