メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''フコイダン''' (fucoidan) とは、[[コンブ]]、[[ワカメ]]、 [[モズク]]、[[メカブ]]など[[褐藻類]]の粘質物に多く含まれる[[硫酸多糖]]の一種である。また類似の物質は[[ナマコ]]などの動物からも見つかっている。主に L-[[フコース]]がα1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物で、平均分子量は約20,000である。[[グルクロン酸]]を含む U-フコイダン、硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、[[ガラクトース]]を含む G-フコイダンなどに分けられる。
 
[[1913年]]に[[スウェーデン]](sweden)の科学者で[[ウプサラ大学]]の H・Z・キリン(kylin)によって発見され、[[ヒバマタ属]](''Fucus'')にちなみ命名された。1970年代より盛んに研究されるようになり、1996年の[[日本癌学会]]で制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになった。
匿名利用者