「縦横家」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 内容 ==
巧みな弁舌と奇抜なアイディアで諸侯を説き伏せ、あわよくば自らが高い地位に昇ろうとする、そのような行為を弁舌によって行う者が縦横家である。合従策を唱えた[[蘇秦]]と連衡策を唱えた[[張儀]]が有名→[[合従]][[連衡]]。[[蘇秦]]はその弁舌によって同時に6国の宰相を兼ねたとされている。
 
「縦横家」という言葉も彼らの策の名前に由来する。
*[[合従]]は諸国が連合し秦に対抗する政策のことで、これは、秦以外の国が秦の東に南北に並んでいること(「縦」=「従」)による。
*[[連衡]]は秦と同盟し生き残りを図る政策のことで、信徒それ以外の国が手を組んだ場合、それらが東西に並ぶことを「横」=「衡」といったことによる。
 
ちなみに蘇秦は秦以外の六国を連盟させることに成功し、そのために秦はその後15年にわたって戦争を仕掛けてこなかった。かといって、それでは蘇秦が平和のため、あるいは中国をよいものにするためにこのような連盟をもくろんだのではなさそうである。彼はまず燕の国を説き、そこからこの連合を完成させたが、実はその前に秦を訪れ、「戦に強くなる準備をすれば天下をひと飲みに出来る」と説いていた。彼が受け入れられなかったのは当時秦で[[商鞅]]が処刑されたところで、国外のものに警戒感を持っていたためと言われる。この策に対立する連衡の代表である張儀が秦へ向かったのも、実は蘇秦の意図するところであった。張儀は彼の意図を察して、彼の健在である間は手を出さず、その後連盟を分裂させた。
28,698

回編集