「石井修 (国際政治学者)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
1978年から広島大学平和科学研究センター客席研究員も務める。この間、[[国際大学]]大学院国際関係学研究科、[[東京大学]]教養学部教養学科、[[岡山大学]]文学部、[[明治学院大学]]法学部でも教鞭をとる。1996年から[[大阪外国語大学]]アジア太平洋研究会諮問委員会委員。この他にも[[日本アメリカ学会]]評議員・監事、[[日本国際政治学会]]理事等を歴任。1994年から1997年まで[[日本学術会議]]法学政治学教育制度研究連絡委員会委員を務めた。
 
国際政治史に関する様々な実証的研究で知られる。また、国内政治分析の概念であった[[55年体制]]を応用し、同時代の国際政治における現象だった[[冷戦]]についても、1955年を契機に「分断による安定」「(軍事)力による安定」の形で常態化が始まっていたとする「冷戦の55年体制」という視点を示した。近年は[[米国立公文書館]]などに所蔵されている戦後日米関係文書の編纂・刊行を行なっている。
 
==著作==
:22期:ニクソン大統領文書3
:23期:ニクソン大統領文書4
:24期:ニクソン大統領文書5
:25期:ニクソン大統領文書6
*([[細谷千博]]・[[有賀貞]]・[[佐々木卓也]])『日米関係資料集――1945-97』([[東京大学出版会]], 1999年)
*(小野直樹)『アメリカ統合参謀本部資料1953-1961年』(柏書房, 2000年)
2,060

回編集