「親友」の版間の差分

編集の要約なし
'''親友'''(しんゆう、close friend)とは、とても仲がいい[[友人]]を差す。心から理解し合える友人の事を'''心友'''ということもあるが、音が同じであるため現在は同様の使用がされている。また、悪友も同じような意味で使われることもある。
 
親友の重要性は人間の発達段階で非常に重要な存在とされ、[[ハリー・スタック・サリヴァン]]は1953年に出版されたThe interpersonal theory of psychiatryにおいて、児童期(juevnile period、4,5~14,15歳)における親友(chum)というものは「癒し」の効果があると説いている。
 
その一方で[[佐世保小6女児同級生殺害事件]]では親友と言われていた2人の人間の関係が実際には非常に微妙であった事がクローズアップされた{{要出典}}
 
== 物語の中における親友 ==
現実の親友とは、何ら広義が変わらない場合が多いが、中には「主人公の親友であってライバル」というポジションがある。大抵そういうキャラクターは、かつて主人公とは親友だったが何をやっても主人公に勝てず、主人公に対して敵愾心が生まれ始め(主人公の方はまだ親友だと思っている)主人公の敵役となるパターンがある{{要出典}}
 
== 悪友との相違点 ==
悪友にも親友と同じ意味があるが、良友の対義語として「交際していると自分に悪影響を及ぼす友人」という意味でも使用されることがあるので、悪友を親友として使用する場合には注意が必要である。
 
== 関連項目 ==
325

回編集