メインメニューを開く

差分

 
== 歴史 ==
1980年代初頭、経営難に陥っていた[[ブリティシュ・レイランド]]社は、陳腐化し、信頼性にも問題を抱えた同社の高級車[[ローバー・SD1|SD1]]を刷新できない状態でいた。一方、1979年から提携関係にあった日本の[[本田技研工業|本田技研工業(ホンダ)]]では、乗用車・[[ホンダ・アコード|アコード]]の上級車種の販売を計画していた。そこで、日本車の技術・品質と、イギリス車の内装の雰囲気を併せ持った上級車の共同開発が計画され、それは新大型車プロジェクト「XXプロジェクト」と名付けられた{{要出典}}<ref>後に開発される[[ホンダ・コンチェルト|コンチェルト]]/[[ローバー・400]]では「YYプロジェクト」と命名されている{{要出典}}。</ref>
またホンダ製V6エンジンはローバー輸出向けとしても開発されていた為、当時のホンダ車とは異なり一般的な正回転式が採用されていた。</ref>。
 
[[1985年]]、ホンダ版XXの[[ホンダ・レジェンド|レジェンド]]が先に発売され、ローバー・800は翌[[1986年]]に発売された。2.5L [[V型6気筒|V6]] [[SOHC]]はホンダ製、2L [[直列4気筒|直4]] [[DOHC]]は自社製のエンジンが搭載されていた。プラットフォームはレジェンドと同一としながら、エクステリアやインテリアは英国らしい雰囲気のものとされた。英国・コノリー社製レザーシートやハンドメイドで製作するウォールナットパネルが装備されるものもあった。
 
[[1998年]]に生産中止され、翌[[1999年]]になって後継となる乗用車・[[ローバー・75|75]]が発売された。
 
 
== 「スターリング」による対米輸出 ==
匿名利用者