「能勢氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''能勢氏'''(のせし)は、[[摂津国]]([[北摂]]地方)の[[大身]]領主。[[清和源氏]][[源頼光|頼光]]流を自称する。「能瀬」・「野瀬」・「能世」など複数の表記が存在する。[[家紋]]は切竹矢筈十字、獅子牡丹など。
 
 
__TOC__
<br clear="both" />
== 発祥 ==
能勢氏は[[摂津源氏]]の流れを汲む一族で、[[源頼光]]の玄孫[[源国基|国基]]を祖とする。また[[多田源氏]]の惣領であった[[多田頼盛|源頼盛]]の三男[[能瀬高頼|高頼]]の後裔であるともいう(『[[尊卑分脈]]』の記述によると国基の後裔は田尻、高頼の後裔は倉垣を本拠としていたものと推察される)。
匿名利用者