「熊谷氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''熊谷氏'''(くまがいし、くまがいうじ)は、日本の[[氏族]]。[[武蔵国]]熊谷郷(くまがやごう、現在の[[埼玉県]][[熊谷市]])を所領として、その在所名を取り「熊谷」と称した一族である。
 
{{日本の氏族
|家名=熊谷氏
|種別=[[武家]]
|出身地=[[武蔵国]]熊谷郷
|根拠地=[[武蔵国]]<br/>[[近江国]]<br/>[[陸奥国]]<br/>[[安芸国]]
|人物=[[熊谷直実]]<br/>[[熊谷直経]]<br/>[[熊谷信直]]<br/>[[新庄局]]
|支流=[[高力氏]]([[武家]]) など
}}
'''熊谷氏'''(くまがいし、くまがいうじ)は、日本の[[氏族]]。[[武蔵国]]熊谷郷(くまがやごう、現在の[[埼玉県]][[熊谷市]])を所領として、その在所名を取り「熊谷」と称した一族である。
 
 
__TOC__
<br clear="both" />
== 家紋の由来 ==
{{和暦|1180}}、[[熊谷直実]]が「[[石橋山の戦い]]」に敗れて落ち延びた[[源頼朝]]を見つけた時、寓生で頼朝を覆い隠し身の安全を図った。その時偶然にも2羽の鳩が飛んだ。後に直実が源頼朝の家臣になった際、そのエピソードを憶えていた頼朝から、家紋として渡された。
匿名利用者