「オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク」の版間の差分

過去にリリースされた旧譜等のライナーノーツや全米チャートなどを調べながら、編集し直す。
(過去にリリースされた旧譜等のライナーノーツや全米チャートなどを調べながら、編集し直す。)
'''オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク'''('''Orchestral Manoeuvres in the Dark''')は[[イギリス]][[シセポップ]]・デュオである。略称は'''OMD'''。このあまりにも長いグループ名は直訳すると「暗闇で演奏するオーケストラ団」。アンディ・マクラスキーとポール・ハンフリースの二人からなる
 
==ディスコバイオグラフィー==
==経歴==
[[1975年]]にイギリス・[[リヴァプール]]で、学生時代から友人だった[[アンディ・マクラスキー]]と[[ポール・ハンフリース]]の2人が、ドイツの[[テクノ (ダンスミュージック)|テクノ]]・[[プログレッシブ・ロック]]カルテットの[[クラフトワーク]]に強い影響を受けて、デュオを結成。当時3台のラジオとテレビから録音したノイズ、ベースやギター、エコーユニットなどを使い、最初の曲を録音する。この時につくった曲のタイトルが'''"Orchestral Manoeuvres in the Dark"'''(「暗闇で演奏するオーケストラ団」という名)だったことからこの名を気に入り、当時隆盛を極めていたニューウェーブのシンセポップ・ユニットとして、当時新興レコード会社だった[[ヴァージン・レコード]]から[[1979年]]にデビューする。
当時流行の[[シンセポップ]]のユニットとして[[1980年]]にデビュー。「エノラ・ゲイの悲劇」がヒットする。この曲は日本ではテレビ番組「[[CNNデイウォッチ]]」のテーマ曲として使われたことでも知られた。[[1986年]]には「イフ・ユー・リーブ」、[[1993年]]には[[バリー・ホワイト]]の「愛のテーマ」をサンプリングした「Dream on Me」のヒットも放っている。
 
[[1980年]]にイギリスで"Enola Gay"(邦題、エノラ・ゲイの悲劇)がヒットする。この曲は日本ではテレビ番組「[[CNNデイウォッチ]]」のテーマ曲として使われたことでも知られた。また同年"Maid Of Orleans"(邦題、オルレアンの少女)もヒットし、イギリスで着実にヒットを飛ばし続ける。[[1985年]]には[[MTV]]を通じて、その旋風がアメリカにも飛び火し、"SECRET"(邦題、シークレット)<ref>日本では、当時[[ヤマハ発動機|YAMAHA]]から発売されていた[[スクーター]]、box'n(ボクスン)のCMソングに使われた。</ref>が全米シングルチャートのTOP100にチャートインすると、同年"So In Love"で全米シングルチャートのTOP40入りを果たす。翌年[[1986年]]には"If You Leave"(邦題、イフ・ユー・リーブ)<ref>当時公開中の映画『[[プリティ・イン・ピンク]]』のサウンドトラック盤にも収録された。</ref>が全米シングルチャートのTOP10ヒットとなり、この他にも"Forever(Live and Die)"(邦題、リブ・アンド・ダイ)も全米TOP40ヒットとなり、これらの曲を収録したアルバム『CRUSH』と『THE PACFIC AGE』の2枚はプラチナムに輝いた。またこの間にワールド・ツアーを敢行し、[[1984年]]と[[1987年]]には日本で来日公演もおこなっている。
メンバーはドイツの[[シンセポップ]]バンドである[[クラフトワーク]]から大きな影響を受けており(「ネオン・ライツ」(アルバム『人間解体』収録)をカバーする等) 、一般受けするポップミュージックを発表しながらも、"Dazzle Ships"等といった実験的なアルバムも制作した。
 
[[1988年]]にはベスト盤『DREAMING』リリースに際し、新曲"DREAMING"(邦題・ドリーミング)をシングルカット。これも全米シングルチャートのTOP20に入るヒットとなるも、ここで活動は一旦小休止状態に。これを境にアメリカでの人気は衰えたが、[[1993年]]には[[バリー・ホワイト]]の「愛のテーマ」をサンプリングした"Dream on Me"を本国でヒットさせている。[[1996年]]にはアルバム『Universal』を発表し復活するも、その後再び長い活動休止期間に入っている(なおその間の[[2008年]]にLIVE盤『Architecture & Morality and More』をリリースしている)。
Architecture&Morality所収の「オルレアンの少女」Joan of Arc (Maid of Orleans)は大幅なアレンジを施されてテレビ番組「[[国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉]]」のエンディングテーマとして使用されているが、権利関係、演奏者等の詳細は不明である。ちなみに同曲は「メイド・オブ・オルレアン」と紹介されることもあるが、英語読みで統一して「メイド・オブ・オーリーンズ」という方が適切かもしれない。
 
==影響・その他==
==ディスコグラフィー==
前出の通り、テクノカルテットとして有名なクラフトワークに強い影響を受けており、LIVEでは"Neon Lights"(クラフトワークが[[1978年]]にリリースしたアルバム『人間解体』に収録)をカヴァーするなどその影響ぶりの強さは計り知れないものがある。 一般受けするポップフォーマットの音楽も発表しているが、[[1982年]]にリリースされたアルバム『Dazzle Ships』等には実験的な色合いも強く残されている。
 
2008年発表のLIVE盤『Architecture&Morality』に「オルレアンの少女」"Joan of Arc (Maid of Orleans)"大幅なアレンジを施されて、[[テレビ番組朝日]]で放送中の「[[国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉]]」で、エンディングテーマとして使用されてい、このアルバムについては、日本国内でリリースされていないため、権利関係、演奏者等の詳細は不明である。みに同曲は「メイド・オブ・オルレアン」と紹介されることもあるが、英語読みで統一して「メイド・オブ・オーリーンズ」という方が適切かもしれない。
 
== ディスコグラフィー ==
スタジオアルバム(ちなみにアルバムのジャケットの大半は網目模様である)
*Orchestral Manoeuvres in the Dark [[1980年]]
*Liberator [[1993年]]
*Universal [[1996年]]
*Architecture&Morality [[2008年]]
 
==脚注==
{{reflist}}
==外部リンク==
* [http://www.omd.uk.com Official OMD Website]