「成長」の版間の差分

編集の要約なし
 
==動物の場合==
動物の場合の成長は、成体に向かっての体の構造や機能の変化が大きい。
 
[[消化器官]]、[[循環系]]、[[神経系]]などの基本構造は、[[発生]]が一定段階に進んだ段階で形成され、成体になるまでそれがさらに発達変化をしてゆく。生殖系の発達はさらに遅れ、成体になる前である。成体になれば、[[老化]]による以外に、その体型は変化しなくなる。
 
動物群によっては、この間の変化が大きく、時には体制の変化を伴うほどである。そのような場合、この変化の過程を[[変態]]と呼んでいる。
 
なお、[[造礁サンゴ]]など、[[群体]]を形成する動物では、群体の大きさの増加が成長であると見ることもできる。この場合、成長は個虫の[[分裂]]や[[出芽]]によって実現され、その様子は植物の生長に似たものとなる。
 
==植物の場合==
植物の場合、成長はすでにある栄養器官([[根]]・[[茎]]・[[葉]])を新たにつくっては積み上げてゆく過程である。生殖器官は成長が一定段階に達したときに、新たに作り出される。
 
このようになるのは、植物細胞は[[細胞壁]]に囲まれ、互いに密着しているので、新たな構造は既成の構造の上に積み上げる形でしか作り得ないからである。したがって、細胞分裂の部位も成長の最前線に限定される。このことを[[前川文夫]]は'''積み重ね体制'''と表現した。
 
植物の生長は、大きく分けると2つの段階がある。1つは細胞数の増加であり、もう1つは細胞の大きさの増加である。
 
{{字引}}
28,698

回編集