「ルイジアナ準州」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
[[Imageファイル:National-atlas-1970-1810-loupurchase.png|thumb|right|270px|ルイジアナ買収後の1810年のアメリカ合衆国の地図]]
'''ルイジアナ準州'''('''Louisiana Territory''')は1805年7月4日から1812年12月11日まで存在した[[アメリカ合衆国]]の歴史的な編入領地。後にルイジアナ州となった[[オーリンズ準州]]に区分されなかった[[ルイジアナ買収]]地の部分から成った。ルイジアナ準州は、ルイジアナ買収地の北緯33度(現在の[[アーカンソー州]]の南の境界)以北の全域で、準州の首都は[[セントルイス]]に置かれた。準州の定義から離れて、「ルイジアナ・テリトリー」という言葉自体には、フランス領やスペイン領時代の、またはルイジアナ買収後の土地すべてを指す、「ルイジアナの領地」という意味で使用されることもある。
 
'''ルイジアナ準州'''('''Louisiana Territory''')は1805年7月4日から1812年12月11日まで存在した[[アメリカ合衆国]]の歴史的な編入領地。後にルイジアナ州となった[[オーリンズ準州]]に区分されなかった[[ルイジアナ買収]]地の部分から成った。ルイジアナ準州は、ルイジアナ買収地の北緯33度(現在の[[アーカンソー州]]の南の境界)以北の全域で、準州の首都は[[セントルイス]]に置かれた。準州の定義から離れて、「ルイジアナ・テリトリー」という言葉自体には、フランス領やスペイン領時代の、またはルイジアナ買収後の土地すべてを指す、「ルイジアナの領地」という意味で使用されることもある。
 
 
{{DEFAULTSORT:るいしあなしゆんしゆう}}
[[Category:ルイジアナ州の歴史]]
[[Category:かつて存在したアメリカ合衆国の準州]]
 
[[da:Louisiana-territoriet]]
匿名利用者