「シークレット・ドクトリン」の版間の差分

m
誤字脱字、その他微修正
(加筆)
m (誤字脱字、その他微修正)
{{神智学}}
『'''シークレット・ドクトリン'''』(The(''The Secret Doctrine)Doctrine'')とは[[ブラヴァツキー夫人]]の著作。日本語では「秘密教義」とも表記。彼女が実在を主張する古代文献『[[ジャーンの書]]』の逐語訳に注釈を加えるという形をとっている。世界の各聖典からの引用も含まれている。[[1888年]]に二分冊で刊行されたが未完。のちに[[アニー・ベサント]]により第三巻が刊行された。二種類の版が流通してい存在する。一方はポイント=ローマ派の出版した二巻本で、初版の復刻である。もう一方はアディヤール派によって再構成された通称アディヤール版で、ブラヴァツキー人の未発表原稿を含んだ膨大な大冊となっている。
 
第一巻では宇宙の創世が、第二巻では[[レムリア]]や[[アトランティス]]を舞台とした第四[[根本人種]]の歴史といった人類の起源と[[進化]]について記述している。本書に叙述された人類史、人種発生の物語は[[ルドルフ・シュタイナー]]の『アカシャ年代記より』と[[アドルフ・ヨーゼフ・ランツ|ランツ・フォン・リーベンフェルス]]の『神聖動物学』に影響を与えた。
 
==参考文献==