「紙屋克子」の版間の差分

m
mod. 賞暦→賞歴、templateのalma_mater(北海学園大学北星学園大学とは別大学のため)、ref形式
m (mod. 賞暦→賞歴、templateのalma_mater(北海学園大学北星学園大学とは別大学のため)、ref形式)
| nationality =
| field = [[看護学]]
| work_institution = [[北海道大学|北海道大学医学部附属病院]]<br />札幌麻生脳神経外科病院<br />[[筑波大学]]<br />[[静岡県立大学]]
| alma_mater = [[北星学園大学]][[文学部]]卒業<br />[[北海学園大学]][[法学部]]卒業<br />北海学園大学[[大学院]]<br />[[法学研究科]]修了
| doctoral_advisor =
| doctoral_students =
| notable_students =
| known_for = [[看護|ナーシング]][[バイオメカニクス]]に基づく<br />[[生活]]支援[[技術]]の[[開発]]<br />[[意識障害]]の[[看護]]<br />看護技術と[[診療報酬]]に関する[[研究]]
| prizes = 吉川栄治文化賞([[1993年]])
| religion =
| footnotes =
== 概要 ==
=== 生い立ち ===
[[北星学園大学]]の[[文学部]]社会福祉学科にて学び、[[1984年]]に卒業した<ref name="us">「教員情報詳細」『[http://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/prof350.html 教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース]』[[静岡県立大学]]。</ref>。それから6年後、今度は[[北海学園大学]]の[[法学部]]法律学科を卒業し、[[法学士]]の[[称号]]を取得した<ref name="us"/>。さらに4年後、同大学の大学院にて[[法学研究科]]の[[修士課程]]を修了し、[[修士|修士(法学)]]の学位を取得した<ref name="us"/>。なお、大学院在籍時には、法学研究科の教授だった[[須田晟雄]]から指導を受けた<ref>[[熊本信夫]]編集代表『北海学園大学法学部・大学院法学研究科教育・研究年報』[[北海学園大学|北海学園大学法学部大学院法学研究科, 1993年)142頁に拠れば]]、[[須田晟雄1993年]]の指導を受けている、142頁。</ref>。それから3年後、筑波大学から博士(医学)の学位を取得した<ref name="us"/>。
 
=== 医療現場 ===
 
=== 学究活動 ===
[[1995年]]より学究活動に身を投じ、筑波大学の大学院にて医科学研究科や人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻にて教授を務めた。2004年からは看護・医療科学類にて学類長を務めた。それらの業績を称え、同大学から名誉教授の称号を授与された。現在は、静岡県立大学の大学院にて看護学研究科の教授を務めている。また、看護学部の教授も兼任している。[[鳩山由紀夫内閣]]の成立にともない、[[厚生労働大臣]]となった[[長妻昭]]から、[[厚生労働省]]社会保障審議会の委員に就任するよう要請された<ref>[[共同通信社|共同通信]]「民主寄りの医師を起用――自民支持の看護協会外す」『[http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102701000916.html 民主寄りの医師を起用 自民支持の看護協会外す - 47NEWS(よんななニュース)]』[[全国新聞ネット]]、[[2009年]][[10月27日]]。</ref><ref name="sankei20091027">「社会保障審議会からも自民系団体代表を排除」『[http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/091027/wlf0910272222001-n1.htm 社会保障審議会からも自民系団体代表を排除 - MSN産経ニュース]』[[産経デジタル]]、[[2009年]][[10月27日]]。</ref>。紙屋はこの申し出を受諾したため、[[日本看護協会]]副会長の[[坂本すが]]らと交代する形で委員に任命された<ref name="sankei20091027"/>。
 
== 研究 ==
また、[[医療]]・[[介護]]の分野に[[バイオメカニクス]]を応用しようと試みており、看護分野にバイオメカニクスを適用した「ナーシングバイオメカニクス」を積極的に推進し、それらについての著書も上梓している<ref>紙屋克子監修・執筆、原川静子執筆『ナーシングバイオメカニクスに基づく自立のための生活支援技術』ナーシングサイエンスアカデミー、[[2005年]]。</ref>。北海学園大学にて法学士や法学修士を取得するなど[[医事法]]学にも造詣が深く、いわゆる「看護事故」の判例についての研究も行っている<ref name="us"/>。
 
== ==
* [[1993年]] - 第27回[[吉川栄治]]文化賞(1993年)
 
== 出演 ==
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|3}}
 
== 関連項目 ==
75

回編集