「空気調和」の版間の差分

快適空調・産業空調
m (-cate)
(快適空調・産業空調)
'''空気調和'''(くうきちょうわ)・'''空調'''(くうちょう)とは、人間にとって快適であったり、作業や工業に適当なように、[[温度]]・[[湿度]]・気流・空気清浄度・室内物品の[[放射]]、伝導などの室内環境を調整することである。
 
近年は、[[地球温暖化]]による建築物の外皮(ぺリメーターゾーン)の熱負荷上昇、OA化による建築物の内皮(インテリアゾーン)の熱負荷上昇に伴い従前の空調方式では人間の居住環境の維持が難しくなってきている。さらに[[建築]]物の高層化、気密化が進み、種々の[[空気調和設備]]が設置されるようになってきた。
 
*[[==快感空気調和設備]]==
==関連記事==
'''快感空気調和'''とは、[[建築物]]・[[車両]]・[[船舶]]などにおいて人が快適に活動できる室内環境を確保することである。
*[[空気調和設備]]
*[[室内空気環境]] IAQ
 
[[建築物における衛生的環境の確保に関する法律]](ビル管法)では、次のような基準が定められている。
<!-- '設備'ではないので削除します。イッソノコトこの記事は'空気調和設備'にマージしては?
*浮遊粉塵量 : 1m<sup>3</sup> につき 0.15mg 以下
[[Category:建築設備|くうきちようわ]]
*[[一酸化炭素]]濃度 : 10[[ppm]] 以下
-->
*[[二酸化炭素]]濃度 : 1000[[ppm]] 以下(臭気やその他化学物質の濃度の代用値。外気の二酸化炭素濃度が高い場合は臭気・その他の化学物質濃度で判断する)
*[[温度]] : 17~28℃(冷房時の居室においては外気との温度差を7℃以下とすることが望ましい)
*相対[[湿度]] : 40~70%
*気流 : 0.5m/s 以下
 
[[シックハウス症候群]]防止の観点から、[[揮発性有機化合物]]濃度を低くすることが望ましい。
 
[[騒音]]・[[振動]]・臭気・[[照明]]など人間の知覚に訴える要素によっても快適性が左右される。また、病原菌・放射性物質など知覚できない要素が[[健康]]に影響することもある。
 
==産業空気調和==
'''産業空気調和'''とは、工場などにおいて作業者が安全に活動でき、製品の製造・生産過程に適合する室内環境を確保することである。
 
作業者の安全の面では、健康な成人が作業時間のみ立ち入ることを前提とした管理が行われる。
 
歴史としては、[[20世紀]]のはじめに[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[印刷]]工場の湿度制御からはじまったとされる。農産物の貯蔵・輸送の[[コールドチェーン]]、[[半導体素子]]製造用などの[[クリーンルーム]]、[[植物]]製造工場など応用分野も広がっている。
 
==関連記事項目==
*[[空気調和設備]] : 機器・方式など
*[[空気調和工学]] : 熱負荷計算、[[省エネルギー]]・快適性評価など
 
[[de:Klimaanlage]]
[[en:Air conditioning]]
[[es:Aire acondicionado]]
[[fr:Climatisation]]
[[nl:Airconditioning]]
[[ru:Кондиционирование воздуха]]
[[sv:Luftkonditionering]]
[[tl:Erkon]]