「内閣総務官」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''内閣総務官'''は、(ないつてくそうむかん)[[中央省庁再編]]に伴い内閣主席参事]]房内閣総務官室にその長呼ばして新設されたポスト官職である。言ってみれば、官邸再編前首席内閣参務長のような立場だ官に当たる。[[内閣総理大臣秘書房副長官補]][[内閣総理大臣補佐広報官]]、[[内閣報官]]などがいずれも内閣法に基づく「法定職」として[[内閣総理大臣官房長官]]を補佐し[[政策]]の立案や実に参画していたするのに対し、内閣総務官は法律より一段下の内閣官房組織令に基づ「政令職」首相周辺あり内閣官房務的な事円滑に進めるために存在処理する。とはいえそは[[内閣]]の事とを主な職だけに、こする。[[宮中]]やり取りや上奏、[[国会]]との円滑な関係維持連絡調整など、きわめて重要な任務といえもつかさどる。
 
内閣に関係する[[公文書]]の発送や受・保管・管理、首相や官房長官の官印・公印の保管、内閣又は首相が任命する[[認証官]]([[国務大臣]]や[[最高裁判所長官]]、各国[[大使]]など)の人事に関する事務手続きなど、地味ながら欠かせない仕事はこの内閣総務官の下で行われる。
例えば内閣が改造され、[[閣僚]]が新たに任命された場合、[[天皇]]の[[認証式]]はいつ行われるかといった調整や、[[解散]]のくだりで述べた[[解散詔書]]の受け渡し、また、[[内閣官房長官]]の元におかれている[[報償費]]の管理など、どれもおろそかにできないものばかりだ。
 
この内閣総務官(旧・主席参事官)も、[[内閣官房副長官]](事務担当)と同じ旧・[[内務省]]系の[[官僚]]が任命されることが多い。最近では[[厚生労働省]]の幹部が務めており、その経験者はいずれも[[事務次官]]まで上り詰める同省のエリートコースとなっている。内閣総務官の周りには、各省庁から出向した[[内閣審議官]](局次長級)や[[内閣参事官]](課長級)が存在している。内閣全体ではこうした審議官や参事官が5050人以上在籍し、内閣総務官室のほか、[[内閣官房副長官補]]や内閣広報官、[[内閣情報官]]の下で執務している。
内閣に関係する[[公文書]]の発送や保管・管理、首相や官房長官の官印・公印の保管、首相が任命する[[認証官]]([[国務大臣]]や[[最高裁判所長官]]、各国[[大使]]など)の人事に関する事務手続きなど、地味ながら欠かせない仕事はこの総務官の下で行われる。
 
この総務官(旧・主席参事官)も、[[内閣官房副長官]](事務担当)と同じ旧・[[内務省]]系の[[官僚]]が任命されることが多い。最近では[[厚生労働省]]の幹部が務めており、その経験者はいずれも[[事務次官]]まで上り詰める同省のエリートコースとなっている。総務官の周りには、各省庁から出向した[[審議官]](局次長級)や[[参事官]](課長級)が存在している。内閣全体ではこうした審議官や参事官が50人以上在籍し、総務官室のほか、[[内閣官房副長官補]]や内閣広報官、[[内閣情報官]]の下で執務している。
 
==備考==
ところで、官邸閣総務官室にはその下部組織として総理大臣官邸事務所と呼ばが置か[[首相建物としての官邸]]という建物内だけ事務(庶務(修繕・整備等)を専門に扱う部署があっている。修繕や電話の設置から備品の整備いう、こちらは文字通りの裏方部門だ。して総理大臣官邸事務所長が、その補佐として理大臣の指示の下、庶務的な柄を中心に総官の補佐所副所長(とも当た定数1)が置かれる。
8,855

回編集