「ほんやら洞 (喫茶店)」の版間の差分

(甲斐扶佐義経営)など経営者の名前をことさらに強調するのは宣伝になってしまいます。文化的意義を強調してください
((甲斐扶佐義経営)など経営者の名前をことさらに強調するのは宣伝になってしまいます。文化的意義を強調してください)
'''ほんやら洞'''(ほんやらどう)は、[[京都府]][[京都市]]([[甲斐扶佐義]]経営)、[[東京都]][[国分寺市]]([[中山ラビ]]経営)などにある[[喫茶店]]。各店の名称は、多くの場合、[[つげ義春]]の短編漫画「[[ほんやら洞のべんさん]]」(初出:[[1967年]]6月「[[ガロ (雑誌)|ガロ]]」)<ref>「[[ほんやら洞]]」の元々の意味は、[[秋田県]]の「[[かまくら]]」と同様の[[新潟県]]・魚沼地方の伝統行事、またはそのなかでつくられる雪洞のこと。</ref>に由来する<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/ 「ほんやら洞の由来」] ほんやら洞・[[甲斐扶佐義]]のホームページ参照。なお、[[ほんやら洞]]や[[かまくら]]の伝統行事のある新潟県、長野県にも、同名の喫茶店・旅行者向けの宿舎がある。</ref>。
 
==概要==
5,268

回編集