「スレイベル」の版間の差分

→‎概要: 表現の整理と、[れい]についての追記
m (ロボットによる 追加: pl:Bubieniec)
(→‎概要: 表現の整理と、[れい]についての追記)
 
== 概要 ==
*板や革ひもや棒に、直径1〜数cmの金属の鈴を、数個〜数十個とりつけ、振って音を出す。いわゆる[[鈴]](すず)の一種であるが、すず、また鈴(れい)と呼ばれる楽器、音具が多いため、区別してこのように呼ばれる。片方の手で下向きに持って、もう一方の手でスレイベルを握った手を叩いて鈴を鳴らす。
*[[鈴 (仏具)|鈴(れい)]]と呼ばれる楽器もあるため、日本を意識している曲の場合、特に注意する必要がある。<!--この場合は、テンプルベルと表記しているようですが。-->
 
== この楽器が使われる楽曲の例 ==
304

回編集