「中村道太」の版間の差分

編集の要約なし
'''中村 道太'''(なかむら みちた、[[天保]]7年[[3月10日 (旧暦)|3月10日]]([[1836年]][[4月25日]]) - [[大正]]10年([[1921年]])[[1月3日]])は、[[幕臣]]、[[明治]]・[[大正]]期の[[実業家]]、教育者
 
== 人物 ==
[[三河吉田藩]]士の出身。[[大政奉還]]後、藩命により江戸詰めを命じられて[[穂積清軒]]に従事し、行動を共にする。やがて江戸屋敷の上屋敷に移り、公用人に挙げられた。江戸奉公で上府し[[幕臣]]となる。ここで[[勝海舟]]や[[外国方]]翻訳局の[[福澤諭吉]]を知り、築地鉄砲州の[[慶應義塾]]に学ぶ。[[戊辰戦争]]で藩の大参事となり、[[豊橋]]で[[好問社]]を創立し、女子教育を始める。[[明治維新]]後、[[家禄]]を失った武士を集めて中村屋を創業する。横浜で貿易などに挑戦する。[[福沢諭吉]]とその門下の丸屋商社([[丸善]])の[[早矢仕有的]]と懇意になり、それが縁で[[横浜正金銀行]]初代頭取に就任する。[[西南の役]]の後、[[愛知県]][[渥美郡]]長となり、[[第八国立銀行]]を創立する。[[東京米商会所]]の頭取となるが、[[薩長]]閥の官僚によって終生その商才を妨害されることになった
 
== 参考文献 ==
他にも[[第八国立銀行]]や[[東京米商会所]]の頭取を歴任している。
*[http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?tpl_wid=WBPD120&tpl_wish_page_no=1&tpl_select_row_no=1&tpl_hit_num=1&tpl_toc_word=+%B7%C4%D8%E6%B5%C1%BD%CE%BD%D0%BF%C8%CC%BE%CE%AE%CE%F3%C5%C1&tpl_jp_num=40015929&tpl_vol_num=&JP_NUM=40015929&VOL_NUM=00000&KOMA=&tpl_search_kind=2&tpl_keyword=%B7%C4%D8%E6%B5%C1%BD%CE%BD%D0%BF%C8%CC%BE%CE%AE%CE%F3%C5%C1&tpl_sort_key=TITLE&tpl_sort_order=ASC&tpl_list_num=20&tpl_end_of_data= 『慶應義塾出身名流列伝』][[近代デジタルライブラリー]] 三田商学研究会編 [[1909年]]
 
{{People-stub}}
[[Category:明治時代の人物]]
[[Category:日本の実業家]]
[[Category:愛知県出身の幕末徳川側人物]]
[[Category:日本の銀行家]]
[[Category:日本の教育者]]
[[Category:三河国の人物]]
[[Category:1836年生]]
[[Category:1921年没]]
256

回編集