「アンコール・ワット」の版間の差分

編集の要約なし
(+de: ms:)
編集の要約なし
'''アンコールワット'''は[[カンボジア]]の[[シェムリアップ]]付近の[[アンコールワット遺跡群]]の中で最も代表的な石造建築の[[ヒンドゥー教]]寺院遺跡。[[世界遺産]]。[[12世紀]]前半に、[[スーリヤヴァルマン二世]]によって建築された。[[1860年]]、フランス人の学者アンリ・ムーオが再発見する。
 
<div style="float:left;padding:10px;font-size:small;text-align:center;">[[画像:Ankor wat.jpg|thumbnail|200px|世界遺産・姫路城]]</div>
 
寺院全体は、南北1,300メートル、東西1,500メートルの堀に囲まれている。堀には西大門に向けて石畳の表参道が伸びている。西大門は三つの塔がある。西大門をくぐると、参道の両脇に2つの[[経蔵]]と2つの聖池がある。
匿名利用者