「ゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[画像:GeorgCalenberg-1-.jpg|180px|right|thumb|ゲオルク]]
'''ゲオルク'''(Georg, [[1582年]][[11月17日]] [[ツェレ]] - [[1641年]][[4月2日]] [[ヒルデスハイム]])は[[ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公]]の一人で、[[カレンベルク侯]](在位。ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公[[ヴィルヘルム・デア・ユンゲレ (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)|ヴィルヘルム]]と妃ドロテア([[デンマーク]]と[[ノルウェー]]の王[[クリスチャン3世 (デンマーク王)|クリスチャン3世]]と王妃[[ドロテア・フォン・ザクセン=ラウエンブルク|ドロテア]]の娘)の息子。
 
1635年に[[ヴェルフ家]]の所領の分割で、ゲオルクは[[カレンベルク侯領]]と[[ゲッティンゲン侯領]]を与えられた。ゲオルクは住まいを[[ハノーファー]]へ移した最初の公である。死後はクリスティアン・ルートヴィヒが継承者となった。
5,402

回編集