「秀衡塗」の版間の差分

編集の要約なし
{{wikify}}
'''秀衡塗'''(ひでひらぬり)は、[[岩手県]]で作られる[[漆器]]。[[1985年]]には[[伝統工芸品]]に指定された。
 
== 歴史 ==
{{節stub}}
秀衡塗は、[[平安時代]]の末期、[[平泉]]で栄えた[[藤原秀衡]]([[奥州藤原氏]]第三代当主)が[[京]]より職人を招来し、この地方特産の良質な漆と金をふんだんに使い、「器」を造らせたのが起源とされている。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者