「チューヤン」の版間の差分

m
(出典のない箇所を除去しました)
[[1999年]][[1月]]、「[[進ぬ!電波少年]]」の[[司会]]者となり、番組の企画へも頻繁に参加させられた。また、『[[雷波少年]]』の企画「チューヤン・ジャパンツアー」も同時に行っていたため、全国を旅しながら司会の仕事のために東京までスタッフの手助けなしで戻る、という日々が続いた。
 
1999年4月にジャパンツアーが終了すると、それまで司会者のいなかった雷波少年の司会者に就任。その後ボツ企画となったが、[[ミッチー・サッチー騒動]]で[[野村沙知代]]側の記者も経験する。同年10月からは「電波少年的80日間世界一周の旅」に[[東風万智子|真中瞳]]と共に挑戦し成功させた。
 
[[2000年]]、「[[プロ野球]]~[[東京ドーム]] [[読売ジャイアンツ|巨人]]×[[中日ドラゴンズ|中日]]」で、応援していた巨人の敗北を受け、「進ぬ!電波少年」の「[[進ぬ!電波少年#電波少年的アンコールワットへの道の舗装|アンコールワットへの道の舗装]]」企画への1ヶ月の応援参加を任命される。これは本人の希望で2ヶ月に延長された。
8,614

回編集