「ラール・クリシュナ・アードヴァーニー」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Advani Family.JPG|thumb|right|ラール・クリシュナ・アードヴァーニー]]
 
'''ラール・クリシュナ・アードヴァーニー'''({{lang-sd|लाल कृष्ण आडवाणी}} [[1927年]][[11月27日]]-)は、[[インド]]の政治家。[[パキスタン]]の[[カラチ]]生まれ。[[ムンバイ大学]]卒。[[インド人民党]]に所属している党首
 
[[カラチ]]生まれ。[[ムンバイ大学]]で[[法学]]の学位を取得後、[[民族義勇団]]に参加。[[1947年]]にインド・[[パキスタン]]が分割して独立すると、パキスタン領となったカラチから[[ラージャスターン州]]に移り[[ヒンドゥー至上主義]]者が中心となった[[インド大衆連盟]]結党に関わる。その後、大衆連盟は[[インド国民会議|国民会議派]]の反主流派や左翼・地方政党と[[ジャナタ党]]を結成。ジャナタ党の選挙勝利で[[モラルジー・デーサーイー]]内閣が成立すると、情報・放送大臣を務める。
 
その後ジャナタ党が内部対立で瓦解すると、アードヴァーニーや[[アタル・ビハーリー・ヴァージペーイー]]などが中心となり[[インド人民党]]を結成。[[1998年]]に人民党が勝利しヴァージペーイー内閣が成立すると、内相・副首相を務めた。人民党は[[2004年]]に下野しヴァージペーイーが人民党党首を辞すると、後任の党首に就任。党首在任時には本来のヒンドゥー至上主義を薄めて支持回復を図ったが、統制の回復に繋がらず[[2009年]]に党首を辞した。
 
{{Politician-stub}}