「パンク・ファッション」の版間の差分

また、リバイバル以降のパンク・ファッションでは[[髑髏]](スカル)がモチーフとして使用される事がよくある。髑髏は古くから「メメント・モリ(死を想え)」など「[[死]]」のシンボルとして知られている。だが、パンク・ファッションでは「死」よりも、髑髏は「[[反戦]]」のシンボルとしての使われ方をされる場合が多い。そして、どちらかといえば哲学的に取り扱われる事よりも諧謔的なブラック・ジョークとしての、冷笑的な使われ方をされがちである。
 
70年代にヴィヴィアン・ウエストウッドのブランド「セディショナリーズ」が[[ナチス]]のシンボルである[[ハーケンクロイツ]]を取り入れた洋服シャツ、Tシャツを売り始めたのをきっかけに、欧米のパンクスの間でハーケンクロイツをファッションに取り入れる者が大勢現れた。しかし[[ファシズム]]や[[ナチズム]]の称賛が禁止されている欧米ではのちにこの事が問題になり、一般人の中にはパンクファッションの若者と[[ネオナチ]]とを同一視する者が現れ、中にはその偏見を持ったままパンクファッションを始めたネオナチの若者も大勢現れた。しかし[[1981年]]にアメリカのパンクバンド[[デッド・ケネディーズ]]が「Nazi Punks Fuck Off!」という曲をリリースしたのをきっかけに、多くのパンクス達の間でナチスのシンボルを取り入れるのはパンク的ではないと思うようになり、ハーケンクロイツをファッションに取り入れるのをやめ始めた。(しかしこの曲は反ナチ・反ファシズムを謳っているわけではなく当時の体育会系ハードコア・パンクスをナチや軍隊のようだと揶揄した曲である。)さらにそのムーブメントを作ったセディショナリーズもハーケンクロイツを取り入れたファッションを販売するのをやめたので、現在欧米ではハーケンクロイツを取り入れたパンクファッションは販売されていない(しかしファシズムやナチズムの称賛が禁止されていない日本では、未だにハーケンクロイツがついているセディショナリーズのTシャツが売られている)。
 
== 日本のパンク・ファッション ==
匿名利用者