「アスペクト比」の版間の差分

編集の要約なし
;[[額縁放送]]、[[レターボックス (映像技術)|レターボックス]]:媒体の[[画面アスペクト比]]とコンテンツの画面アスペクト比が異なるときに起こる。
 
;[[ディスプレイ (コンピュータ)]]:現代のコンピュータのワイド液晶の多くは16:10 (1.6:1) 。[[画面解像度]]の例としては、1440×900 (WXGA+) 、1680×1050 (WSXGA+) 、1920×1200 (WUXGA) 等。フルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニションテレビの[[画面解像度]]の1920×1080を完全に表示するには1920×1200 (WUXGA) が必要。
;[[紙の寸法]]:A版・B版は1.414:1(√2:1、[[白銀比]])。[[新書]]版は1.618:1([[黄金比]])。
;[[写真#アスペクト比|写真のアスペクト比]]:16:9 …ハイビジョンテレビの画面に同じ。パノラマ写真の一種。アドバンストフォトシステムの規格(APS-H)。<br />3:2 …35ミリフィルムのほとんどを占める規格。 <br />4:3 …一般的なテレビ画面(NTSC)やコンピュータのディスプレイに同じ。コンパクトデジタルカメラなどで主流。
匿名利用者