「バロー=イン=ファーネス」の版間の差分

en:Barrow-in-Furness(18:51, 2 April 2010 )より抄訳
(en:Barrow-in-Furness(18:51, 2 April 2010 )より抄訳)
|official_name = バロー・イン・ファーネス
|other_name =
|native_name = {{lang|en|Barrow-in-Furness}}
|nickname =
|settlement_type =
|dot_map_caption =
|dot_x = |dot_y =
|pushpin_map = United Kingdom
|pushpin_label_position =
|pushpin_map_caption =
|pushpin_mapsize = 150
|subdivision_type = 主権国
|subdivision_name = [[イギリス]]{{GBR}}
|subdivision_type1 = 構成国
|subdivision_name1 = [[イングランド]]{{ENG}}
|subdivision_type2 = リージョン
|subdivision_name2 = [[ノース・ウェスト・イングランド]]
|subdivision_type3 = {{nowrap|[[イングランドの都市および非都市カウンティ|カウンティ]]}}
|subdivision_name3 = [[カンブリア (イングランド)|カンブリア]]
|subdivision_type4 = バラ
|subdivision_name4 = バロー・イン・ファーネス
|seat_type =
|seat =
|population_footnotes =
|population_note =
|population_total = 59,182
|population_density_km2 =
|population_density_sq_mi =
|population_blank1_title = [[バロー・イン・ファーネス (バラ)|バラ]]
|population_blank1 = 71,981
|timezone = [[西ヨーロッパ時間]]
|utc_offset = +0
|timezone_DST = [[西ヨーロッパ夏時間]]
|utc_offset_DST = +1
|coor_type =
|latd=54 |latm=11 |lats=08 |latNS= N
|longd=3 |longm=22 |longs=61 |longEW= W
|postal_code_type = [[郵便番号]]
|postal_code = [[イギリスの郵便番号|LA14]]LA13-LA16
|area_code = 01229
|website =
|footnotes =
}}
'''バロー・イン・ファーネス''' (Barrow-in-Furness, Cumbric:Barragh-yn-Faiddis) は、[[イングランド]]の[[カンブリア (イングランド)|カンブリア]]にある[[タウン]]である。およそ[[バロー・イン・ファーネス (バラ)|バロー・イン・ファーネス]]の面積の半分を占め、'''バロー'''の略称でも知られている。
 
'''バロー・イン・ファーネス''' ({{lang|en|'''Barrow-in-Furness'''}}, Cumbric[[カンブリア語]]: {{lang|en|Barragh-yn-Faiddis}}) は、[[イギリス]]・[[イングランド]]の[[カンブリア (イングランド)|カンブリア]]にある都市。自治体(バラ){{enlink|Barrow-in-Furness (borough)}}の名であり、その中心地区([[タウン]])の名ある。およそ[[バロー・ン・ファーネス (バ)|バロー・イ・ファーネスド海]]した[[港湾]]と[[造船業]]半分を占め町であり、'''バロー'''の略称でも知られている。
== 歴史 ==
歴史的には[[ランカシャー]]の一部に含まれ、[[19世紀]]中頃の[[産業革命]]が起きるまでバロー・イン・ファーネスは小さな漁村であった。ファーネス・レイルウェイが建設され、鉄鉱石を各地に輸送したできるようになるとバロー・イン・ファーネスは[[製鉄所]]で溶解された鋼を輸出するのに理想的な位置となった。急成長を遂げたバロー・イン・ファーネスには自然の港があり、地元で生産された鋼によって[[造船]]も栄えた。
 
[[1871年]]にバロー・シップビルディングが設立された。造船所は[[イギリス海軍]]艦の重要な建造社になった。[[1897年]]には[[ヴィッカース]]によって買収された。
 
== 地理 ==
[[アイルランド海]]・[[モーカム湾]]{{enlink|Morecambe Bay}}に突き出したファーネス半島{{enlink|Furness}}の先端に位置する。
59マイル(95km)の北西に[[マンチェスター]]が所在し、カンブリアのカウンティ・タウンである[[カーライル (イングランド)|カーライル]]は南南西54マイル(87km)の位置にある。
 
59首都[[ロンドン]]から北西350km(220マイル(95km)北西距離ある。[[マンチェスター]]の北西95km(59マイル)に所在し、カンブリアのカウンティ・タウン(州都)である[[カーライル (イングランド)|カーライル]]は南南西5487km(54マイル(87km)の位置にある。
バロー・イン・ファーネスは[[アイルランド海]]に接するファーネス半島の先端に位置する。ちょうどロンドンの北西220マイル(350km)の距離にある。
 
[[:en:Borough status in the United Kingdom|バラ(自治都市)]]としての[[バロー・イン・ファーネス (バラ)|バロー・イン・ファーネス市]]{{enlink|Barrow-in-Furness (borough)}}は、中心地区(タウン)バロー・イン・ファーネスと、[[ウォルニー島]]{{enlink|Walney Island}}など郊外の集落からなっている。バラの人口の約5/6は、面積にしてバラのおよそ半分を占めるタウンとしてのバロー・イン・ファーネスに集中している。
 
== 歴史 ==
歴史的には[[ランカシャー]]の一部に含まれる地域である。[[19世紀]]中頃の[[産業革命]]の到来によって、それまで小さな漁村であったバロー・イン・ファーネスには、イングランド各地やスコットランドから大量の人口が流入した。
 
バローにはファーネス鉄道{{enlink|Furness Railway}}が開通し、[[製鉄所]]が建設された。鉄道は鉄鉱石の輸送が可能にし、良港を抱えた立地は、鉄鋼を輸出するのに理想的であった。バローは急成長を遂げ、また地元で生産された鋼によって[[造船業]]も栄えることになった。
 
[[1871年]]にバロー・シップビルディングが設立された。造船所は[[イギリス海軍]]艦の重要な建造社になった。[[1897年]]には[[ヴィッカース]]によって買収された。
 
== 産業 ==
* [[バローAFC]]
 
== 戦艦三笠日本バローの関係 ==
=== 戦艦三笠 ===
日本海軍の戦艦[[三笠 (戦艦)|三笠]]もこの街で建造された。当時、起工した戦艦の訓練などのために日本海軍がこの地を訪れており、その際に市長が彼らを夕食会に招待している。
 
今でもタウンホールの市長室には、[[東郷平八郎]]より贈られた記念品が飾られている。
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Barrow-in-Furness}}
 
{{DEFAULTSORT:はろおいんふあねす}}