「直線」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: gan:線)
 
== 座標 ==
直線上の点に[[実数]]を対応させることで[[数直線]]を考えることができる。具体的には、直線上に原点 ''O'' と単位点 ''E'' を指定し、任意の実数 ''x'' に対し、直線上にあり、一方の端点を原点とし、原点から単位点までを結ぶ有向線分との(向きまで込めた)線分[[比]]が ''x'' となるような線分の、原点ではない側の端点と ''x'' とを対応付けたもののことをいう。
 
しばしば、原点と単位点の距離の整数倍で数を目盛ったものを指す。数直線は向きを持った直線であり、原点から単位点の向きに矢印を記すことがある。また、数直線は、1 次元[[ユークリッド空間]] '''R''' に対する[[座標系]]と捉えることも出来る。
匿名利用者