「玉龍」の版間の差分

ほかと共通に
(ほかと共通に)
{{Otheruses|西遊記の登場人物|大相撲力士|玉龍大蔵}}
'''玉龍'''(ぎょくりゅう、Yu long)は西海竜王敖閨の第三太子。小説『[[西遊記]]』の主要登場人物の一人。
 
== 概要 ==
かつて天界において父・敖閨が大切にしていた宝玉を、火事を起こして焼いてしまい(訳者によっては、婚約者が浮気をして他の妖魔と結婚したあげく、その妖魔と共謀して自分を殺そうとしていたことを知ったため、八つ当たりにやってしまったというエピソードがある。)、その罰として死罪を言い渡された。その後[[観世音菩薩]]の竜王へのとりなしもあって蛇盤山の鷹愁澗に住み、[[三蔵法師]]の馬となるべく、五百年間三蔵が来るのを待ち続けていた。しかし、肝心の三蔵が来た時にはそうとは気付かず、三蔵が乗っていた白馬を呑んでしまった。彼の正体を知っているのは[[孫悟空]]だけであり、彼は元々天界で弼馬温をしていたため馬の扱いには慣れていた(弼馬温と同音(ピーマーウェン)の避馬瘟という猿は馬を病から護るという信仰に由来)悟空には大事にしてもらっている。元来龍であるためその尿を悟空が薬の材料にしたことも。
 
かつて天界において父・西海竜王・敖閨が大切にしていた御殿の珠(宝玉)を、火事を起こして焼いてしまい(訳者によっては、婚約者が浮気をして他の妖魔と結婚したあげく、その妖魔と共謀して自分を殺そうとしていたことを知ったため、八つ当たりにやってしまったというエピソードがある)、怒った父が親不孝であると[[天帝]]に訴えたところ、天帝はその罰として宙づりにして300回の鞭打ちのうえで、死罪すると言い渡した。鎖につながれ死刑を待って泣いているところに、たまたま[[観世音菩薩]]の一行が通りかかり、慈悲を与えることにした。菩薩は天帝の許しを得て、玉龍を解き放ち、取経者の乗用となるようために蛇盤山の鷹愁澗に潜んで待つことを命じた。しかし、肝心の[[三蔵法師]]が通りかかるとそうは気付かず、ひもじさゆえに、突然、三蔵が乗っていた白馬をあぶみもろとも呑んでしまう。
 
三蔵は肝を潰してしまい、龍を退治にいこうという[[孫悟空]]を離さなかったので、悟空が毒づいていると、六丁六甲、{{ルビ|五方掲諦|ごほうぎゃてい}}、四値功曹、護駕伽藍という仏教の四神が助けに来てくれたので、彼らに三蔵を任せて、川底に向かう。悟空は龍と2回戦うが逃げられてしまった。悟空は土地神を呼びつけて相手の正体を知るが、悟空が散々打ち据えたので、観音菩薩がこなければ隠れて出てこないだろうということになって、{{ルビ|金頭掲諦|こんずぎゃてい}}という神が菩薩を呼んできて、ようやく玉龍は出てくる。菩薩は、揚柳の枝を甘露に浸して仙気を一吹きして、龍を白馬の姿に変えた。
 
以後は三蔵を乗せて旅をすることになる。
 
悟空は元々天界で弼馬温をしていたため馬の扱いには慣れていた。弼馬温と同音の{{ルビ|避馬瘟|ピーマーウェン}}という猿は馬を病から護るという信仰に由来しており、登場場面では龍のときは悟空に打ち殺されそうになるが、道中で馬として悟空には大事にしてもらっている。元来龍であるためその尿を悟空が薬の材料にしたことも。
 
== 一般的なイメージ ==
1,423

回編集