「リク (キングダム ハーツ)」の版間の差分

m (→‎武器: -Cat)
『358/2』ではラスボス、隠しキャラとして参戦。闇の力を解放してバリアをはったり、キーブレードの強化(闇を纏わせ巨大なエネルギー状の刀身を作る)など、多彩な戦法を駆使する。今作ではリクの剣術は突きが主流である。
 
ソラやロクサスと同様、キーブレードを二本使える。理由は、元々キーブレードマスターだったゼアノートのハートレスがリクの中にいたためである。ただし、『KH2』で二本目のキーブレードをカイリに渡したため、作中では二刀流で戦った描写は無い。(ソース詳細求む)
 
=== 武器 ===
:闇を象徴するキーブレード。黒い刀身に鍵の部分に「闇」の漢字が付けている。キーチェーンはソラのペンダントと同じ形した黒い王冠。『358/2』では、ラストバトルでロクサスが投げた物をリクが取って使用していた。開発名称は「'''リクキーブレード'''」。
;人の心のキーブレード
:ゼアノートのハートレス(闇の探求者アンセム)がリクの体を乗っ取ったときに使った武器で、人の心を開く人工的なキーブレード。古に伝わる、世界の心が集約されたキングダムハーツへの扉を開けることができる特殊な鍵である。セブンプリンセスの七つの純粋な心を結集させ作り出したが、七人目のプリンセス(カイリ)の心が欠けていた為不完全な状態だった。プリンセスの心を解放されると同時に消滅した。
;ウェイトゥザドーン
:ソウルイーターがリクの心を媒介にしてキーブレード化された「'''狭間の心のキーブレード'''」。リクが目隠しを外し、自分の心を偽るのをやめた後から使えるようになった。属性的には狭間の世界に属するキーブレードであり、今まで存在しなかった特殊なキーブレードである。デザインはソウルイーターの持ち手や剣先に天使の羽が加わったものになっている。名前を直訳すると「'''夜明けの道'''」という意味になる。キーチェーンは人工ハートレスの「エンブレム」マークだが、ハートに茨はついてない。
匿名利用者