「イラク・ムスリム・ウラマー協会」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''イラク・ムスリム・ウラマー協会'''('''هيئة علماء المسلمين في العراق''' Hayˀa ˁUlamā al-Muslimīn fī al-ʿIrāq)は、[[イラク]]の[[スンナ派]]宗教指導者の連合体で、[[イラク戦争]]後のイラクにおけるスンナ派の事実上の最高権威機関である。'''イラク・ムスリム・ウラマー機構'''とも訳される。
 
主に[[ウラマー]]の語をどう訳すかという問題から、Association of Muslim Clerics、Association of Muslim Scholarsなど様々に英訳され、日本語訳もイスラム聖職者協会、イスラム宗教者委員会、イスラム法学者協会などと訳され定訳は存在しない。ただし、イスラム学者によればウラマーは厳密には[[聖職者]]ではないと主張されることもあり(実態は聖職者であるためあくまで形式論の話ではあるが)、ウラマーの範疇と[[イスラム法学者]](ファキーフ)の範疇とは完全に一致しないなどの問題がここであげた日本語訳語にはある。<!--ので、さしあたって報道で用いられる呼称のうち最も良さそうなイラク・ムスリム・ウラマー協会の名で呼んでおく。[[アジア経済研究所]]研究員でイラク問題研究者の酒井啓子の著書のひとつではムスリム・ウラマー機構と表記されている。-->
匿名利用者