「名鉄MRM100形電車」の版間の差分

m
編集の要約なし
(リンク修正)
m
編成はMRM100形(先頭車)2両とMRM200形(中間車)1両で組成された。現役時を通じて2本(101-201-102・103-202-104、左側が[[犬山遊園駅]]寄り)が在籍し、通常は1本を使用、多客時には2本連結した6両編成で運行された。
 
連接構造のため、全断面貫通路であった。運転席もパイプで仕切ってあるだけなので前面展望も楽しめることができた。客室内の連接部と運転席後部では台車や機器を覆うカバーが大きく張り出していた。座席は運転室後部が窓の方を向いたロングシート、他はボックスシートであった。扉は各車両に片開き式が片側2ヶ所となっていた。
 
塗装は当初無塗装に赤と白の帯を巻いていたが、[[1990年代]]からは、沿線の[[日本モンキーパーク]]にちなみ、動物のステッカー貼付やラッピングが行われており、数回にわたって変更されている。また、座席もモケットの柄を変更している。さらに[[2000年代]]からは1編成が車体全体を黄色・青色・赤色にラッピングした他、モンキーパークモノレール線の廃止直前にはもう1編成が特別なラッピングを施していた。