「クレメンス1世 (ローマ教皇)」の版間の差分

確かにクレメンス第一書簡はコリント宛ですが、パウロによる「コリントの信徒への手紙」とは全くの別物…
(確かにクレメンス第一書簡はコリント宛ですが、パウロによる「コリントの信徒への手紙」とは全くの別物…)
史実の裏づけはないが、伝承では[[ペトロ]]を直接知る人物であり、[[パウロ]]の書いた「[[フィリピの信徒への手紙]]」4:3に現れるクレメンスとは彼のことである、といわれてきた。
 
彼の手によるといわれる「[[コリクレメトの信徒への手紙一|コリントの教会への第一の手紙]]」([[91年]])は[[コリントス]]の教会で起きたトラブルを仲裁しようとしたクレメンスの書簡である。カトリックを中心に、ここから諸教会の仲介役としてローマ司教が役割を果たしていたと考え、それが後の教皇制度の萌芽になっていくと見るむきもある。一方、これをクレメンスがローマ教会の権威を他教会に及ぼそうとしたのであって、ローマ教会が常時そのような役割を果たしていたとは考えない学者もいる。
 
伝統的にクレメンスに帰された「[[コリクレメトの信徒への手紙二|コリントの教会への第二の手紙]]」は、今日では2世紀半ばごろの成立と推測され、クレメンスの作ではないと考えられている。
 
死についての詳細は不明であるが、彼も初期のローマ司教たちと同じように[[殉教]]したと推測される。[[東ローマ帝国]]の版図となっていた[[クリミア半島]]の[[ケルソネソス]]で[[致命者|致命]]したという伝承があり<ref>『諸聖略伝 十二月』71頁、[[日本ハリストス正教会]]府主教庁(2004年1月発行)</ref>、既に[[キリスト教]]が[[黒海]]沿岸のギリシア植民市に広まっていたことが示されている。ただしこの地域における[[キリスト教]]は、[[ルーシ]]内陸部にまでは定着しなかったとされる<ref>黒川知文『ロシア・キリスト教史』42頁(教文館、1999年初版)</ref>。
17,409

回編集