「甘利氏」の版間の差分

編集の要約なし
(114.165.45.107 (会話) による ID:30117833 の版を取り消し、過去に出典が出ず除去された内容の出典なき再加筆)
 
== 概要 ==
[[甲斐源氏]]始祖[[武田信義]]の子で[[甲斐国]][[巨麻郡]]余戸郷に比定されている[[甘利庄]]を[[本貫]]とした[[一条忠頼]]に発する。忠頼の子[[甘利行忠|行忠]]を始祖とする。行忠は甘利庄内に館を構えて甘利を称したといわれ<ref>「[[尊卑分脈]]」</ref>、館跡は現在の[[山梨県]][[韮崎市]]旭町上条北割の大輪寺境内にある。しかし元暦元年([[1184年]])[[6月14日 (旧暦)|6月14日]]<ref>『[[吾妻鏡]]』</ref>、忠頼は[[鎌倉]]の[[源頼朝]]の[[刺客]]により誅殺され、子・行忠も父に連座して[[常陸国]]に配流・翌年[[4月]]に殺害された。頼朝による甲斐源氏の勢力削減策の一環とみられる。この際に甘利庄も接収されており、鎌倉後期には北条[[得宗]]領であった。ただし南北朝期の訴状で、甘利庄が忠頼の子孫に返付されたことが先例にみえ<ref>「八坂神社記録」の社家記録裏文書(『山梨県史 資料編6下』310頁に収録)</ref>、甘利荘は北条領から甲斐源氏一族に返却された。しかし甘利氏の下に戻ったのかは不詳。「忠頼の子孫」も、甘利行忠の子・[[甘利行義|行義]]を指すとも、行忠の甥で[[甲斐一条氏]](一条忠頼の家)の名跡を継いだ[[一条信長]]かともされる。
 
甘利行忠の子・行義以降の系譜は「尊卑分脈」などに記載されず不明である。
525

回編集