「ゲオルク・ミッシュ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''ゲオルク・ミッシュ'''('''Georg Misch''', [[1878年]][[4月5日]] - [[1965年]][[6月10日]])は、[[ドイツ]]の[[哲学者]]。
 
19世紀の代表的な哲学者、[[ヴィルヘルム・ディルタイ]]の弟子で、同門の[[ヘルマン・ノール]]が[[教育学]]畑の弟子を代表するのに対して、ミッシュは[[哲学]]畑での弟子。2人並んで、[[ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン|ゲッティンゲン大学]]の教授を務めていたこともある。
[[解釈学]]、[[生の哲学]]と[[現象学]]の仲介を果たすような立場で、哲学研究を行った(『生の哲学と現象学』)。ディルタイの信頼篤く、彼のお気に入りの娘クララ・ディルタイと結婚した。
 
ミッシュは、当初[[マールブルク大学]]の教授で、その後[[ゲッティンゲン]]に移った。1935年以降、[[ナチス]]の政権奪取の後では、彼が[[ユダヤ系]]だったため、教授の職を追われ、1939年-1946年は、[[イギリス]]に[[亡命]]生活を送った。
彼は、有名な『自伝の歴史』(Geschichte der Autobiographie, 1907年-1969年)の著者としてその名を知られている。
230,364

回編集