「ウァレリアヌス」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ga:Valerian)
皇帝となったウァレリアヌスは息子ガッリエヌスを共同皇帝としてローマ帝国の西半分を任せ、自らはペルシア([[サーサーン朝]])とのリメスに面した帝国の東半分を受け持った。
 
[[259年]]、ウァレリアヌスは軍勢を率いてペルシアへと侵攻したが、エデッサ(現:[[シャンルウルファ]])で[[シャープール1世]]率いるペルシア軍との戦いに敗れて、捕虜となった([[エデッサの戦い]])。その後、ウァレリアヌスは[[ビシャプール]]([[:en:Bishapur|en]])へ送られ、ペルシア国内で死去し[[皮剥ぎの刑]]に処されたと伝えられる([[260年]]ともそれ以降とも)。
 
ローマ皇帝が敵国に捕らえられたのはローマ史上初めて(この後にも11世紀の東ローマ皇帝[[ロマノス4世ディオゲネス]]しかいない)であった。先の[[アブリットゥスの戦い]]と共にローマの国力低下を物語る出来事となった。