「中村桃子 (将棋)」の版間の差分

* [[1997年]]、小学4年生のときに[[女流育成会]]に入会。
* [[2003年]]、男子の部で第23回中学生選抜将棋選手権の埼玉県代表となり、ベスト16に入った。
* [[2007年]]度前期女流育成会で9勝2敗の成績を収め、2個目の昇級点を獲得して女流棋士となった。実兄の[[中村亮介]]は[[棋士 (将棋)|棋士]]であり、[[2002年]]4月の[[村田智弘]]・[[村田智穂|智穂]]以来2組目の「兄妹棋士」となった。なお、入会から10年20期かかっての女流プロ入りは最長2番目に遅い記録である(2番目(1位は[[安食総子大庭美夏]]の12期14年)。
* デビュー戦は2007年10月20日の[[マイナビ女子オープン]]の予選であった。1日で3回戦のトーナメントを行って本戦出場者を決める即決のシステムであるため、3連勝すれば、デビュー戦当日に女流1級昇級の資格を得るという史上初の快挙の目があったが、3戦目で敗れ、あと一つ届かなかった。
*高校卒業後、埼玉県内の注文住宅建築業会社、[[桧家住宅]]に入社し、2007年10月に女流棋士となってからはその会社にパート社員として勤務するOLでもある。
匿名利用者