「ハイスクール!奇面組」の版間の差分

== アニメ版 ==
[[1985年]]10月~[[1987年]]9月に[[フジテレビ]]系列で[[アニメ]]化もされた。放送時間は土曜19:30~20:00。監督:[[福冨博]]
 
OP、EDテーマは当時人気があった[[おニャン子クラブ]]に所属していた[[高井麻巳子]]と岩井由紀子(ゆうゆ)の二人で結成された“[[うしろゆびさされ組]]”が主に歌っていた。高井麻巳子の[[おニャン子クラブ]]卒業に伴う“うしろ指さされ組”の解散の際には、アニメ第63話に登場するなど、ハイスクール!奇面組を語る上では欠かせない存在である。(うしろ指さされ組は、マンガ版で「うしろまわし蹴り炸裂組」というパロディでも登場している)
 
原作では長期にわたるシリーズでも、複数の放映回に分けず収めているのが特徴。そのため、アニメでは珍しく、原作が極端に端折られている話が前半には多い。後半、原作のストックが足りなくなると、引き延ばしのある話が増え、アニメオリジナルのエピソードも登場した。しかし、一つのシリーズを複数の放映回に分けない方針は最後までそのままだった。
ちなみに、新沢基栄は、アニメの第1話にかかわった際、(原作)最終回のアイデアを思いついたという。
 
当時、土曜夜7時半という時間帯はフジテレビにとって視聴率が取れない時間帯で、[[1980年]]の「[[欽ドン!|欽ちゃんのドンとやってみよう!]]」終了以来どの番組も半年で打ち切られていたが、裏番組の一つであった[[あばれはっちゃく]]シリーズが[[1985年]]9月に終了したこともあり、強敵「[[クイズダービー]]」と互角の勝負となっを演じ。しかしながら、本作終了後は再び冬の時代に入る
 
===OP、EDテーマ===
当時人気があった[[おニャン子クラブ]]に所属していた[[高井麻巳子]]と岩井由紀子(ゆうゆ)の二人で結成された“[[うしろゆびさされ組]]”を抜擢、秋元康&後藤次利コンビ提供の曲は次々とヒットを飛ばした。
 
OP、EDテーマは当時人気があった[[おニャン子クラブ1987年]]に所属していた3月限りで[[高井麻巳子]]と岩井由紀子(ゆうゆ)の二人で結成された“[[うしろゆびさされ組]]”主に歌っていた。高井麻巳子の[[おニャン子クラブ]]卒業するに伴い、“うしろ指さされ組”解散となるが、そ直前は、放送されたアニメ第63話に本人キャラが登場するなど、ハイスクール!奇面組を語る上では欠かせない存在であるうしろ指さされ組は、マンガ原作版で「うしろまわし蹴り炸裂組」というパロディキャラでも登場している)
 
うしろゆび解散後は同じくおニャン子クラブ所属の[[工藤静香]]・[[生稲晃子]]・[[斎藤満喜子]]による[[うしろ髪ひかれ隊]]が最終回までの曲を歌った。比較的ゆったりとしたノリの曲が多かった「うしろゆび」とは違い、ハードな曲調の曲が主体と言う点で一線を画した。
 
=== 放映リスト ===
匿名利用者