「スーパーバンタム級」の版間の差分

 
== ボクシング ==
プロボクシングでの契約ウェートは、118 - 122ポンド (53.524 - 55.338kg) である。[[バンタム級]]と[[フェザー級]]の間の階級であり、全17階級中6番目に軽い階級である。1976年に再設置([[1920年代]]も国際的にも国内でも存在したが一時期は自然消滅していた)。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアフェザー級」(英:junior feather weight)
 
アマチュアではこの階級に相当する階級は存在せず、[[フェザー級]]に属する。1976年に再設置([[1920年代]]も国際的にも国内でも存在したが一時期は自然消滅していた)。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアが2010年にフェザー級」(英:junior feather weight)も消滅
 
この階級で日本人として初めて世界王座を獲得したのは[[世界ボクシング評議会|WBC]]の[[ロイヤル小林]](国際、1976年10月9日 - 1976年11月24日)。その後、同じくWBCで[[畑中清詞]]が中日本協会加盟ジム初の世界王座(松田、1991年2月3日 - 1991年6月14日)を獲得。[[世界ボクシング協会|WBA]]でも[[佐藤修 (ボクサー)|佐藤修]](協栄、2002年5月18日 - 2002年10月9日)が世界王座を獲得。
この階級における史上唯一の親子世界王者は[[ウィルフレド・バスケス]](WBA)・[[ウィルフレド・バスケス・ジュニア]]([[世界ボクシング機構|WBO]])。
 
[[日本ボクシングコミッション]]のライセンスを返上し[[オーストラリア]]を拠点に活動している[[山口賢一]]はWBOアジア太平洋王座獲得した
 
{{体重別階級 (ボクシング)}}
匿名利用者