「成長」の版間の差分

リンク
(リンク)
'''成長'''(せいちょう)(英:Growth)とは、生物や物事が発達し大きくなることをいう。例えば[[経済]]が発展することを[[経済成長]]と呼ぶ。本項目では主に生物の成長について説明する。
 
成長とは、ある[[生物]]が、その[[生活史]]において、[[個体]]がその[[発生]]から死に至る過程で、'''もっともよく発達した形'''へとその姿を変える間の変化をさす。典型的なものは、[[多細胞生物]]に見られるものである。主に成長は大きく分けて'''構造の発達'''と'''大きさの増大'''の2つの面があり、この両者が同時に行なわれる。
 
=== 細胞数の増加 ===
植物において、細胞分裂が行われる部分は、その体の上の限られた部分であり、これを[[分裂組織]]と呼んでいる。分裂組織には大きく分けると2つがある。1つは先端部での伸長方向の成長を行う[[成長点]]、あるいは[[頂端分裂組織]]と、茎の周囲にあって[[肥大成長]]を行う[[形成層]]である。先端部でその先が作られる成長のことは[[先端成長]]と呼ばれる。
 
=== 大きさの増加 ===
[[Category:発生生物学|せいちよう]]
[[Category:細胞生物学|せいちよう]]
 
[[cs:Růst]]
[[de:Wachstum]]
[[en:Growth]]
[[eo:Kresko]]
[[fr:Croissance biologique]]