「フランス・ルネサンスの文学」の版間の差分

m
m (→‎関連項目: +{{フランス文学}})
 
=== ユグノー戦争の影響 ===
[[Image:Agrippa d'Aubigné.jpg|thumb|[[アグリッパ・ドービニェ]]]]
ルネサンス末期の作詩は、ユグノー戦争が影を落とし、厭世的な要素などが見られるようになった。他方で、戦火の恐怖は、[[プロテスタント]]詩人[[テオドール=アグリッパ・ドービニェ]]の代表作である詩集『悲愴曲』の誕生を触発したのである。
 
== エンブレム文学 ==
528

回編集