「DivX」の版間の差分

バージョン3.11がリリースされ、2時間前後の動画データを[[CD-R|CD]]1枚分である約700[[メガバイト|MB]]程度にまで[[データ圧縮|圧縮]]できることで、人気を集めた。しかし、このバージョンはビデオコーデック・オーディオコーデック ('''DivX Audio''')共に[[マイクロソフト]]社が提供していた[[MS-MPEG4]]・[[Windows Media Audio|WMA]]の[[海賊版]]であり(DivX,Incは否定している)、[[FourCC]]をDIV3からMP43に書き換えればそのまま再生できていた。
 
その後、MS-MPEG4の[[バイナリ]]を使用せず、独自に開発したビデオコーデックがバージョン4としてリリースされた。[[MPEG LA]]からのライセンスも取得し、法的な問題は完全に解決された。また、このバージョンからはオーディオコーデックが除外されており、現在においてもこの構成は引き継がれている{{要出典|date=20010年1月}}。近年では、一部の[[DVDプレーヤー]]、[[ゲーム機]]、ネットワークプレーヤーなどが、AVIコンテナに格納されたDivXビデオの再生をサポートするなど、[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]上で使用できるビデオコーデックという、機器の枠を超えた広がりを見せている{{要出典|date=2010年9月}}。
 
== DivX, Inc. ==
匿名利用者