「上杉憲栄」の版間の差分

出典提示なく削除します。
(C:CITE分類-履歴2010年9月22日21:59(UTC))
(出典提示なく削除します。)
'''上杉 憲栄'''(うえすぎ のりよし、[[正平 (日本)|正平]]5年/[[貞和]]6年([[1350年]]) - [[応永]]29年[[10月26日 (旧暦)|10月26日]]([[1422年]][[11月10日]]) )は、[[室町時代]]の武将。[[越後国|越後]][[守護]]。[[上杉憲顕]]の子。[[上杉能憲|能憲]]、[[上杉憲将|憲将]]、[[上杉憲賢|憲賢]]、[[上杉憲春|憲春]]、[[上杉憲方|憲方]]、[[上杉憲英|憲英]]らは兄弟。子に[[山吉行盛]]室{{要出典|date=2010年9月}}。龍樹丸。左近将監。
 
正平23年/[[応安]]元年([[1368年]])、父の憲顕が没し、その跡を受けて越後守護となった。在京して幕府のために働いた。一時[[上杉朝房]]の猶子となっていたともいう。
318

回編集